いや~、毎日あついですが、みなさんお元気ですか。
私は、暑いとき自転車に乗って、シャワーを浴びます。すると、クーラーのない我が家でも、涼しく過ごせます(^-^;

さて、またもや素晴らしい言葉を発見しました。それは、「裕福とは、たくさん持つことではなく、欲しいものが少ない人のこと」です。
目からウロコとは、このことですね。この言葉は、NHK BS1スペシャル「ハバナ Wi-Fi公園の一週間~変わるキューバ 人生模様」2016年7月16日(土) 午後7時00分(50分)の一節で、豊かな生活を夢見てアメリカへ移民として渡った身内を、Wi-Fiが設置してある公園で携帯電話を頼りに、必死になって探す女性の言葉でした。周りには、同じような境遇の人たちがいます。そして、豊かさを求めていったはずの人たちの行方が分からない、もしくは豊かさとは程遠い生活をしている実態に、貧しくとも家族そろっての生活を懐かしむという内容です。
よく、国の豊かさを経済活動に換算して表すことがありますが、このドキュメンタリーを見て、豊かさを本当に経済で計ることができるのだろうかと、考えさせられました。人は、物に囲まれると、物への欲求が増大し、際限がなくなるようです。本来家族がいるはずの場所に、物がいたりします。「欲しいものが少ない」、実に至言です。これほど幸せな生活はないと思います。

 

カテゴリー: ARE YA KORE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です