今年の冬は激渋続きだった。そんな時、こいつが来てくれました。なんと47cmに達する大物だ。

しかし、アタリは極小で、浮子の上下の動きはほとんど感じられず、ピクリと震えるような当たりだった。しかも、前あたりなしの突然のことだった。気が付く前に手が反応し、無事合わせることが出来、ラッキーだった。

特に、去年の大水以来当りもない日々だったので、嬉しい一尾だ。

カテゴリー: ヘラブナ

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)